本文へスキップします。

エディタV2

赤外線画像用フィルター
​(Infrared image)

赤外線画像用フィルターの紹介を致します。

原理

図1は赤外線画像センサーの構造を示しています。赤外線画像センサーの窓部には赤外線画像用フィルターが使用されます。赤外線画像用フィルターは、8~14μm帯の高い透過帯性能と、迷光をカットする阻止帯性能を持ちます。フィルターを用いることによって、IRセンサーに入る赤外線の光量を稼ぐと同時に迷光を除去しています。

また、赤外線イメージセンサーは、感度を高めるため真空封止が必要とされます。そのため、はんだ接着による真空封止に対応するため基板の外周部のメタルコートにも対応しております。

特徴

分光特性:透過帯域 (半値幅、最大透過率)、阻止帯域(波長域、阻止性能)など、ご要望にお応えします。

材質:Ge,Si

サイズ:角形、丸形

数量:1枚から量産まで対応いたします。

品質保証:ご要望にお応えします。恒温恒湿試験、ヒートサイクル試験、耐熱試験、煮沸試験、付着力確認試験

用途

赤外線カメラ

特性例

資料ダウンロードボタン