本文へスキップします。

エディタV2

人感センサー用フィルター
(Human detection sensor)

人感センサー用フィルターの紹介を致します。

原理

人感センサーは、人体から放射される赤外線に反応して人を検出してします。 人間の体温は36℃程度であり、その場合9~10μmにピークをもつ赤外線が放射されます。
検出部に使用される焦電素子は、赤外線であれば波長依存性が低いため、人体が発する赤外線に相当する9~10μmの光を透過するフィルターと組み合わせることによって、人を感度よく検出することができます。

特徴

人体が発する赤外線に相当する9~10 μmのみを透過するバンドパスフィルタタイプが理想的ですが、
コストの観点からロングパスフィルタが使用するのが一般的です。
カットオン波長他、様々なご要望にお応えします。

分光特性:ロングパスフィルタ―タイプ(任意のカットオン波長)、バンドフィルタータイプ

材質:Ge, Si etc.

サイズ:角形、丸形(6インチウェハ対応)

数量:1枚から量産まで対応いたします。

耐久性:弊社の製品は切断して使用することができます。
    ウェハ状態で納入し、お客様自身で切断して使用することもできます。弊社で切断して納入もできます。

品質保証:ご要望にお応えします。恒温恒湿試験、ヒートサイクル試験、耐熱試験、煮沸試験、付着力確認試験

用途

エアコン 照明 体温計 自動ドア 蛇口の自動手洗い

特性例

資料ダウンロードボタン